ダイエットの法則

ダイエットには法則があります。あなたは正しいダイエットをしていますか?

「軟便」ダイエット

お腹すっきり!快感毎日でダイエットモード

便秘が続くと吸収率が高まってオデブさんモード。食べたものは24時間以内にできるだけ早く出し切ってしまいたいもの。炭水化物の消化吸収を抑える成分と便を柔らかくする成分で気分すっきりダイエット。

Q.便秘が続くと、やはり体重は増えるのですか?

A.増えます。1週間便秘して、1週間ぶりに排便があったところ、一気に体重が6kg減った人がいます。 たまった分は体重になっています。

Q.2~3日に一度は、お通じがあります。このままでいいのでしょうか?

A.排便は、毎朝1回あること。昨日食べた分がすべて排出されることの2点が大切です。2~3日に一度というのはよくありません。毎日排便があるようにしてください。

Q.便秘気味だと食べ物の吸収がよくなるのでしょうか?

A.よくなります。食べたものはまず小腸で吸収されます。残ったものが大腸に送り込まれます。大腸では発酵されたりしながら、再度吸収されます。大腸での食べ物の停滞時間が長ければ吸収率は当然高まります。

Q.なぜ、私は便秘になったのでしょう?

A.「朝は忙しい」「恥ずかしくてゆっくりと便器に座っていられない」という心理が原因になって、その後、便秘状態が定着したのです。これを習慣性便秘といいます。その習慣を打ち破ることが大切です。
便秘の原因には他にも、排便筋力の低下による老人性便秘、大腸ガンなどの閉塞による器質性便秘などが挙げられます。

Q.ここ4~5日排便がありません。どうしたらいいでしょうか?

A.医療用の座薬であるレシカルボン座薬を利用することをお薦めしています。この座薬を挿入すると15~30分で排便します。直腸内で炭酸ガスを発生することによる排便反射できわめて自然な排便で老人の便秘にも利用されます。

Q.便を柔らかくするには、どうしたらいいのですか?

A.繊維質をしっかりと食べることと、水分をしっかり飲むことが大切です。

Q.お通じをよくしてダイエットに役立てるにはどうしたらいいのですか?

A.柔らかめの便が毎日出るようにすると、ダイエットを行いやすくなります。そのためには、医療用で用いられる「ベースン」という薬と「酸化マグネシウム」を利用します。
ベースンは小腸での炭水化物の消化吸収を遅らせる作用を持っています。食べたもののうち炭水化物の吸収をまず少なくするのです。
酸化マグネシウムは腸内の水分を保持し、便に多くの水分を含ませる作用を持っています。自動的に便が柔らかくなり、食べたものがスピーディに排便へと誘導されます。
上記二つを組み合わせると、「食べたものが吸収されずにスピーディに腸を通り抜けて便になって排出される」というイメージになります。

ダイエットの法則一覧へ戻る

ページのトップへ戻る