ダイエットの法則

ダイエットには法則があります。あなたは正しいダイエットをしていますか?

「ニコチンパッチ」ダイエット

貼るだけの簡単ダイエット。ニコチンパッチで一発逆転

禁煙指導の中から生まれた大逆転の発想。タバコをやめたら体重が増えるのだから、逆にニコチンをとれば体重は減る!タバコの他の成分はダメ。ニコチンだけをつかうのがミソ!ニコチンには脳を活発化させる嬉しい作用も・・・。明るい気分で、2~6kgの一発逆転ダイエット。

「ニコチンパッチ」ダイエットQ&A

Q.タバコの成分のあのニコチンですか?

A.タバコには200種類以上の成分が含まれています。その成分の1つがニコチンです。ニコチンそのものは、心悸亢進作用、胃腸での吸収抑制作用などを有していますが、発ガン性などは認められていません。

Q.ニコチンといえばカラダに悪そうな気がしますが・・・

A.ニコチンはもともと人体に必要な成分です。特にニコチン酸は脳内の神経細胞間の伝達物質として重要な役割を演じています。人体はもともと必要なニコチンを製造する能力を持っています。タバコを吸うとニコチンの製造能力が低下してしまい、「なかなかタバコをやめられない」というふうになるのです。だから、カラダに悪いものというイメージが定着しています。タバコ全体はさまざまな有害物質を含んでいるので、カラダに悪いものと決め付けていいでしょう。しかし、ニコチン単独ならば医学的には、良し悪しを公平に考えることになります。

Q.ニコチンパッチというのは、禁煙するために開発されたものだと聞きましたが・・・

A.そのとおりです。体内でのニコチン製造能力が低下しているために、たばこで補いつづけなければいけなくなり、そのためにタバコをやめられない人がほとんどです。ですから、禁煙し始めに、ニコチンだけを補ってあげよう、という目的で開発されました。ニコチンパッチを貼りながら禁煙に取り組むとスムーズに禁煙できる人が実際に大勢います。

Q.ニコチンパッチはどのような形状をしていますか?

ニコチンパッチは直径6cmほどの円形のシール状になっています。

Q.ニコチンパッチを貼れば、なぜダイエットになるのですか?

A.タバコをやめると急に体重が増える人が大勢います。このことから、タバコの何かの成分が体重増加を抑えていたことがわかります。私(風本真吾)が禁煙指導を行っていたある人が次のように語りました。「ニコチンパッチを貼っている間は体重が増えなかったのに、ニコチンパッチをやめた日から、食べる量は同じなのに急に体重が増えだして、結局4kg増えてしまいました」それにヒントを得て、私自身がニコチンパッチを貼ってみました。最初は、軽くどきどきするような心機亢進作用と気分がハイになる感じがありました。翌日の便を見てみるとかなり軟便で、しかも、昨夜遅く食べたものが翌朝にもうしっかりと排出されていました。タバコを吸ったことのない私には意外な経験でした。続けてみたところ、結局1ヶ月後には、68.5kgの体重が65kgに減りました。

Q.クセになりませんか?

A.もともとタバコをやめるときに利用するものです。クセになることはないと思いますが、人によっては、ある日いきなり中止するのではなく、はさみで切ってパッチを少しずつ小さくする方法を行うこともあります。

Q.ニコチンはボケ予防にもなるのですか?

A.アメリカの医学誌で、タバコを吸いながらも80歳以上まで生き延びた人の場合、アルツハイマー型痴呆の発症が2分の1に低下するというデータが発表されています。ニコチンがもともと脳内の伝達物質として働くことから、ニコチンがアルツハイマー病の発症を抑えているのではないか、と予測して研究を続けている医学研究グループがあります。アルツハイマー型痴呆の発症の予防に有効なのかもしれませんが、まだまだこれからの研究課題です。

Q.どれくらいのダイエット効果が期待できますか?

A.1~2ヶ月の期間をかけて、2~6kgのダイエット効果が期待されます。

Q.もともとタバコを吸っている人にも効果はあるのですか?

A.もともとタバコを吸っている人には、あまりダイエット効果はないようです。タバコを吸っている人は、健康のために禁煙に取り組んでください。ニコチンパッチをつかうと禁煙しやすくなります。

Q.ニコチンパッチの正式名はなんというのですか?

A.薬品名で「ニコチネルTTS」といいます。ニコチンの含有量により、3種類にわかれます。「ニコチネルTTS30」「ニコチネルTTS20」「ニコチネルTTS10」の3種類です。ダイエット用にお薦めするのは、「ニコチネルTTS30」です。

Q.一日1枚貼ればいいのですか?

A.「ニコチネルTTS30」をはさみで3等分して利用すればいいでしょう。
したがって1枚で3日間利用することができます。

Q.費用はいくらぐらいですか?

A.保険医療は適用されませんので、価格は医療機関により異なります。医療費総額に締める薬剤費の割合などを考慮すると、ニコチンパッチ1枚1200円前後が妥当と思われます。医療機関によっては、ニコチンパッチの価格は安くして、他に診察料、処方料などを加えるところもありますが、平均的に1枚1200円相当になります。1枚で3日間利用できますので、1日あたり400円。半月分で6000円ぐらいです。

Q.注意点はありますか?

A.もともとニコチンパッチは禁煙希望者のために開発されました。タバコを吸わない人が利用するものではないですから、医師の指導に従い、合意の上で入手するようにしてください。心臓病を持病で持っている人はやめたほうがいいでしょう。また、「胸やけがする」という人がいます。ニコチンに胃酸分泌促進作用があるからかもしれません。胃潰瘍のある人にはすすません。また、インスリン注射を行っている糖尿病患者も利用しないほうがいいでしょう。
一方、稀にパッチを張った場所がかぶれる人がいます。アトピー性皮膚炎のある人は特に要注意です。その際は、ステロイド軟膏で治療すればすぐ治ります。速やかに治ります。

Q.ある病気の治療で別の薬を常用しています。総合作用など注意点はないですか?

A.内腹中の薬の作用を増強することがあります。フェナセチン、カフェイン、テオフィリン、イミプラミン、ペンタゾシン、フロセミド、プロプラノロールなどの薬剤を常用している人は注意してください。

Q.赤ちゃんに授乳中ですが、利用してもかまいませんか?

A.いけません。母乳中にニコチン成分が移行し赤ちゃんに投与されます。もっともタバコを吸っている人がいるぐらいですから、たいしたことはないかもしれませんが・・・。

Q.早くやせたいのです。たくさん貼ってもいいですか?

A.絶対にいけません。適量を守ってください。むやみにたくさん貼ると急性ニコチン中毒の症状が現れることがあります。発汗、吐き気、嘔吐、めまい、聴覚障害、精神錯乱、全身痙攣などの症状が現れることがあります。

Q.どこに行ったらニコチンパッチをもらえますか?

A.禁煙指導を行っている病院なら、どこの病院でももらうことは可能です。ただし、一般的には、非喫煙者に投薬するタイプのものではありません。医師とよく相談して合意の上で利用するようにしてください。

ダイエットの法則一覧へ戻る

ページのトップへ戻る