ダイエットの法則

ダイエットには法則があります。あなたは正しいダイエットをしていますか?

【法則9】短時間の筋力トレーニングでエネルギーを消費する

運動しない人の言い訳は、「毎日忙しくて時間がない」が大半です。運動は30分以上続けないと効果がない、などという言葉に騙されているのです。筋肉に強い負荷をかける筋力トレーニングなら、ごく短時間でも十分です。短時間でも強めに鍛えた筋肉は、その後2~3日の間、カロリーを消費しつづけてくれます。一度鍛えれば、そのあと数日間、放っておいてもエネルギーを消費してくれるのです。

最も短時間で、最も簡単で、どこででも取り組め、それでいてダイエット効果が最も大きい運動をお教えしましょう。「スクワット」です。

足首と膝の準備運動をしてください。そして両手を頭の後ろで組んでください。そのまま、ゆっくり座ります。このとき足の裏は地面にピッタリとつけておいてください。かかとを挙げてはいけません。十分に膝を曲げて座り込んだら、ゆっくりと立ち上がります。一度立ち上がったら、「1回」です。これを2回、3回、4回・・・・と繰り返してください。

短時間の筋力トレーニングでエネルギーを消費する

この運動なら、歯を磨きながらでもできます。服を着替えながらでもできます。雨が降っていてもできます。もはや、「時間がないから」などという言い訳はできません。

「運動をまったくしないカラダ」と「運動をするようになったカラダ」は、まったく別物です。このようにして、ごく短時間でも運動に取り組むようにしてください。

なお、膝が痛い人は、このスクワットをしないほうがいいでしょう。膝がいたい人は、腹筋運動や背筋運動で代用してください。

ダイエットの法則一覧へ戻る

ページのトップへ戻る