ダイエットの法則

【法則2】激しい運動はしない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「よし、本格的にダイエットに取り組むか」と気合を入れて、ある日突然テニスや水泳などで激しく運動する人がいます。しかし、その日の運動をきっかけに、食欲が異常に高進し、太り始めてしまうのです。

運動は確かにダイエットに効果的です。「まったく運動しないカラダ」と「運動するようになったカラダ」では、別物と考えていいぐらいです。

しかし、運動のために食欲が高まってしまっては、まるで意味がありません。

運動で消費できるカロリーよりも、高まってしまった食欲で食べてしまうカロリーのほうがはるかに大きいのです。

ダイエットのために運動を開始するときは、いきなり激しい運動を始めるのではなく、おそるおそる少しずつから始めてください。30分から40分くらいの軽い散歩からはじめるのがいいでしょう。散歩時間は1時間くらいまで増やしてください。

しかし、それだけでダイエットに成功できると思えば、大きな勘違いです。食べる量は決して増えないように注意したうえで、後述する筋肉トレーニングも組み合わせるようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加